MAKUHARI BASE ACADEMY/exon.co.jp

2017年6月からチョット趣向を変えた記事のテイスト"ビジネスにミリタリーを実装" 気分は晴れのち快晴。独立型地球防衛軍"MAKUHARI BASE" の士官学校。株式会社エクソンが運営受託中。ちょっと真面目に、すこし洒脱に、小粋なオトナ感覚で、大好きな幕張を知的側面を支えられたられたらなーと思っています。

連結決算で考えるとおかしい件

日本の借金体質は諸外国に比べても問題なし。1000兆円の借金という財務省の脅しに騙されるなと言う記事。 えっと、今回も霞ヶ関の肩を持つつもりはないんですが、陰謀論提灯記事はどーなのよということで。 日本の借金は1000兆円で国民一人当たり800万円の借金があるのは事実。この記事中では、日本をバランスシートで見た場合は、資産側に金融資産がたくさんあるから大丈夫との論。その金融資産とは融資や出資金。まぁ、確かに日本国だけのバランスシートだけで見ればその通りだけど・・・ あの、連結決算してその外郭団体のバランスシートも含めてみたらどうなるのよっていう視点が、すっぽり抜けてる。出資金や融資が、当然固定資産とかになっているわけですし、その先の貸付金とかになっていると・・・事実上金融資産として捉えられるほどの流動性はない。もしかすると、含み損が抱えている可能性も大。 単純に国のBSにある金融資産と比較するのは変でしょう。 国債の問題は、いまは日本の場合国内で回せているからなんとかなっていますが、諸外国のように海外からの資金が増えてきたときのリスクだと思われ。 人口減の時代を迎える中で、国債を今の規模で維持するためにはどこかで海外資金に頼りだすことがあり得る。そうならないように、日本の産業構造を変えて冨を再び生み出す仕組みを作ろうとしている訳で。 えっと、だからといって財務省増税論が正しいという話でもないので。 とにかく、霞ヶ関が変わらないことには、日本の仕組みはどうにもならない。その為には二大政党を最初に論じた小沢一郎氏には期待していたんだけどなぁ、当時、昔は。