MAKUHARI BASE ACADEMY/exon.co.jp

2017年6月からチョット趣向を変えた記事のテイスト"ビジネスにミリタリーを実装" 気分は晴れのち快晴。独立型地球防衛軍"MAKUHARI BASE" の士官学校。株式会社エクソンが運営受託中。ちょっと真面目に、すこし洒脱に、小粋なオトナ感覚で、大好きな幕張を知的側面を支えられたられたらなーと思っています。

【商売に軍事力】戦術の本質P24 "警戒(Security)

奇襲を防止し、行動の自由を確保せよ

 

ライバルが予想外の顧客アプローチしないように顧客との関係性を強くし、自分とお客様の間で常にいつでも情報交換ができる状況を確保せよ。

 

敵に予想外の利益を与えてはならない

 

お客様の人事異動などでできる顧客との関係性の薄い部分に対しても事前にアクションを徹底し、組織との関係性を保つことで、ライバルがつけいる隙を作ってはいけない。

 

警戒は戦闘力(移動・機動、作戦情報、火力、戦闘力維持、ミッション・コマンド、防護、リーダーシップ、インフォメーション)を防護して維持すること

 

 

警戒は、組織全体として営業担当者の個人に依存することなく、チームのリーダーやサポート担当者も含め徹底しなくてはならない。また、ツールのアップデートなども定期的に見直すことやライバルの資料なども入手して研究をすること。

 

想定外を想定して、敵、敵性精力に利益を与えないことが「警戒」の本質

 

ライバルが新しいサービスを提供してくる可能性や、想定していなかった競合の出現などを常に想定しておくこと。

 

しかし、警戒のしすぎはこちらの足かせにもなりかねないのも事実である。

 

顧客開拓のマーケティングの中では、ライバルの動向(競合分析)が不可欠です。自分の強みを理解してそこを武器にお客様との関係性をつくるのが定石です。

 

しかし、流動性の高い世の中になってきた中で、想定をしていなかった競合の出現や、ライバルの突然のコスト競争の仕掛けなどが起きたときにあなたはどう動きますか?

 

ライバルがどのような動きをするのかは判りませんが、自分たちの警戒というフィルターから、逆にライバルに奇襲を仕掛けることはできるかもしれません。防御は最大の攻撃でも有り、また逆も真なりです。

 

自分たちの強みや、ライバルを出す抜く作戦がなかなか思いつかない営業チームのみなさん。

exon.co.jp

へお問い合わせ下さい。知恵を授けますよ。