MAKUHARI BASE ACADEMY/exon.co.jp

2017年6月からチョット趣向を変えた記事のテイスト"ビジネスにミリタリーを実装" 気分は晴れのち快晴。独立型地球防衛軍"MAKUHARI BASE" の士官学校。株式会社エクソンが運営受託中。ちょっと真面目に、すこし洒脱に、小粋なオトナ感覚で、大好きな幕張を知的側面を支えられたられたらなーと思っています。

バブル経済の件

日経新聞が、最近の各国バブルの情景を図式で解説。 実体経済の数字と投機(投資との区別はしない)経済の乖離がある閾値を超えるとバブル崩壊。それは歴史が証明している。 記事中の経済の大家や経済を預かる政治家の言葉は、ほぼほぼ後付。経済学は、後付の学問なので未来は予測できない。人間の感情を定量的に測定でもできれば経済学の公式はできるんでしょうけど。 破裂してみないと判らないのがバブル。ただ、特異点が出てくるのでそれに気がついた人が逃げ切れるわけで。言い方を変えれば、腹八分目で流れから降りた人が常に勝ち。 日本は1990年代に不動産バブルを経験し、その後は経済は低迷。今後、またバブル経済が来るかどうかと言われれば、可能性はあるとは思うけど、現実的に今の政治体制では無理。 バブルのスタートは、全てにおいて「何らかの箍が外れる」こと。日本の各種規制が大胆に外れると何処かにバブルの芽がまちがいなく出るはず。iPSなんか有望な芽だと思います。 IRなんて小さいことを言ってる場合じゃないんだけどなぁ、政治家さん達。 日本ほど、iPSなど再生医療の技術開発に適している国はないんだと思っています。諸外国ではできない事が間違いなくできるはず。