MAKUHARI BASE ACADEMY/exon.co.jp

2017年6月からチョット趣向を変えた記事のテイスト"ビジネスにミリタリーを実装" 気分は晴れのち快晴。独立型地球防衛軍"MAKUHARI BASE" の士官学校。株式会社エクソンが運営受託中。ちょっと真面目に、すこし洒脱に、小粋なオトナ感覚で、大好きな幕張を知的側面を支えられたられたらなーと思っています。

複雑すぎてなんかわからん件

原油相場がメタメタなチャート。 使う側の人間からするとありがたいことですが、中東の産油国からしたら貧乏一直線。世界の火薬庫である中東が貧乏になったら。当然余裕がなくなってくれば頭は馬鹿になりますので、何が起きるのかますます不安定に。 今、シーア派のイランとスンニ派のサウジアラビアが事を構える懸念大。イランは原子力発電設備もある中で、プルトニウムの産出も事実上可能。北朝鮮が水爆の実験に成功(真相はわからず)。北朝鮮から技術を輸出してイランが核兵器を持つ可能性。 北朝鮮がいまなぜ水爆実験をやったのか。東アジアの話だけでは無く、世界中を戦渦に巻き込む可能性を示唆していると思われ。 今回の北朝鮮の核実験に関しては、真面目に中国が対応しないと中国自身がたいへんなことに。そもそも北朝鮮のミサイルの射程からすれば北京は簡単に狙える。 シーア派のイランが核武装などをしたら、スンニ派のサウジアラビアなどがイランの政権転覆のために同じスンニ派のISISに援助する可能性。 ISISがますます増長するようなことになったら、新疆ウイグル自治区ISISは一部が領土であると言っている以上、中国に浸潤の可能性。 中国が北朝鮮を押さえることは、世界平和の基盤でもあると思われ。ここで、北朝鮮を押さえられなかったら、北にロシア、東にアメリカ、南にインドはともかく、西にISISを持ったら先ず勝ち目がないでしょう。 今回は中国を支援するのが西側諸国の役割。