MAKUHARI BASE ACADEMY/exon.co.jp

2017年6月からチョット趣向を変えた記事のテイスト"ビジネスにミリタリーを実装" 気分は晴れのち快晴。独立型地球防衛軍"MAKUHARI BASE" の士官学校。株式会社エクソンが運営受託中。ちょっと真面目に、すこし洒脱に、小粋なオトナ感覚で、大好きな幕張を知的側面を支えられたられたらなーと思っています。

日本のニュース

同じことを何度マスコミは繰り返すのか

www.nikkei.com 欧州、韓国、そして中国……。日本に続き、少子高齢化と人口減少に見舞われる国は少なくない。ピンチは飛躍のタネの宝庫でもある。 日本の企業は何かしらの解を見つけ出せるだろうか。日本が人口の構造変化を克服できれば、後進の国々が喉から…

潜水艦こそ最大の脅威だと思う件

久しぶりの更新でごめんなさい。 www.cnn.co.jp 海洋国家の日本は潜水艦こそが専守防衛の要。通常型潜水艦では、世界最高レベルの技術を持っていると言われています。オーストラリアにそうりゅう型を売り込んでいますが、これは間違いなくその次の潜水艦技術…

円高は国力のアップなんだよと言いたい件

news.tbs.co.jp 安倍政権になって円安誘導していましたが、潮目がかわって円高に動いています。去年の6月に125円台まで行ったのが、今回14%も高くなってしまった。理由は鷲は良くわかりませんが、円高は購買力の向上というのが本質のはず。海外での買い物が…

理系用語を文系表現に使うという件

原発はリスクは限りなく低いという記事。 リスク=ハザード(被害・災害)×確率 故に、原子力発電所はリスクが最小で、石炭発電がリスク最大であるということ。 原子力発電所はリスクが極大である。福島第一原子力発電所の事故は東北地区のみならず、東日本…

霞ヶ関ってどうなのよ?な件

永田町では消費税の引き上げが話題になっているが、2%の増税ぐらい大した問題ではない。アゴラにも書いたように、社会保険料の実質負担は30%近く、税負担よりはるかに大きいからだ。しかもその料率は国会にもかけられず、厚生労働省令で決まるので、政治的…

日本のヤマハもすごい会社なのは事実だと思う件

確かにヤマハは技術を使って色々な分野に進出をして、なおかつ高品質なブランドイメージを作った日本では珍しいタイプの会社。 確かに、イノベイティブであるとは思うんだけど、AppleのiPhoneとは意味合いが違うんだがなぁ。 いや、鷲はアップル信者とはJobs…

儲け話には乗るなの件

本日の日経平均株価暴落記事 昨年末の株価予想記事。 儲け話は、人の話を信じるなってコトですな。 しかし、為替相場がとにかく円高に振れちゃっていますが、本来は購買力のアップですから歓迎すべきコトなんだと思うんですが・・・ しかし、日本ブランドを…

マイナス金利の真実な件

日銀当座預金にマイナス金利がつくということに対しての解説。 実際にマイナス金利が適用されるのは当座預金の全部ではないことだ。昨年12月時点で日銀には約250兆円の当座預金が積み上がっているが、この大部分には従来通り0.1%の金利が銀行に支払われる。…

HONDAはグローバル企業だなぁと思う件

ホンダジェットに搭載されるジェットエンジンの開発秘話 アメリカでホンダジェットのデリバリーが始まっています。 独自の機体だけではなく、心臓部であるエンジンも自前のホンダジェットは、アビオニクスシステムはアメリカのガーミン社製ですが、MRJよりも…

トヨタの凄みの件

トヨタがスズキと提携という記事。 ついでに、ダイハツがトヨタの完全子会社になるという記事。 ダイハツは、元々トヨタグループだったので違和感は無し。しかし、スズキは別。創業の出身地などから友好関係にはあったが資本も含め提携に向かう理由はどこに…

為替は神のみぞ知るの世界と思う件

日本の国債が外国人投資家に買い越しされているというブログ。 外国人が買い越しということは、これからは円高に為替は動くと判断しているということではないかなと。 例えば国債額面100万円 為替 1ドル=120円の時には8,333ドル 為替 1ドル=110円の円高に振…

自尊をもって阿るべからずな件

11月に月刊誌は終わったが美魔女を牽引したDRESS。 その編集長が退任というインタビュー記事①と少し古いインタビュー記事② インタビュー記事①の山田編集長の発言は唸らせる感性。これは、情報をネタに商いをしている人は絶対に読むべき記事。 求められるのは…

ハイブリッドなんか糞食らえな件

SHIが自動車重量を軽量化するための技術開発をしたという記事。 日本では、エコカーの代名詞はプリウスに代表されるハイブリッドカー。まぁ、確かに回生エネルギーをつかってモーターアシストすれば、ガソリンは使わないで済む。間違いなく燃費低減。間違い…

もっともに聞こえるけど屁理屈な件

原子力規制委員会の勧告は憲法違反だという論。 ①日本原子力開発機構の所有する高速増殖原子炉もんじゅは、国立研究開発法人なんだからそもそもの所有は国。何処かに売却しろって行っているわけではない。故に財産権の論は成り立たない。 ②そもそも、もんじ…

間違っていたら間違った理由を考える件

あけましておめでとうございます。穏やかで初詣日和の元旦でしたねぇ。鷲は、故郷の深川不動尊に初詣が習わしで、地元幕張は4日に会社のスタッフと一緒に子守神社に伺います。 今年の元旦の日経新聞1面です。 残念、予想が外れました。一昨年が農業市場。去…

人工知能なんかぶっ飛ばせな件

21世紀型スキルが判りやすい記事。 タイトルが実に響きがいいです。これから、知的作業の多くは人工知能に取って代わられると言われている。まさしくその通り。推論から推論を生み出し、正解から成功則をつくる。人間の判断よりも間違いなく正確な状況を作る…

蟻を見習うといい件

目的地に早く行きたいなら適度な余裕と先頭を切らないという記事。 日経BPに無料登録をすれば全文読めますので是非登録をして読んで下さい。これは目から鱗の良記事です。 見かけの効率と真の効率との違いを考えさせられる、こんな例もあります。人々に狭い…

連結決算で考えるとおかしい件

日本の借金体質は諸外国に比べても問題なし。1000兆円の借金という財務省の脅しに騙されるなと言う記事。 えっと、今回も霞ヶ関の肩を持つつもりはないんですが、陰謀論や提灯記事はどーなのよということで。 日本の借金は1000兆円で国民一人当たり800万円の…

業界の肩を持つ人も必要な件

最近、総務省がケータイ料金が高いと騒いでいることに反論しているケータイジャーナリストの記事。 いつもは、鷲は反霞ヶ関派なんですが、今日は霞ヶ関擁護に回ってみます。というか、このジャーナリストの論こそミスリードの最たるモノ。業界の提灯記事でし…

株屋が嫌いな件

日経平均株価が来年28,000円にトライという記事。 株が上がるような願望を書いているだけに見えるのは鷲だけ? いや、株は上がるに越したことはないですが、株屋(ごめんね、証券会社の皆さん)がいうと予定調和にしか聞こえないのは鷲だけ? まぁ、株屋さん…

庶民は相手にしなくてもイイジャンと思う件

「経済記者60人がホンネで選ぶ 「すごい会社」と「ヤバい会社」記事には書けない「企業版ミシュラン」」という記事 この調査にある「ヤバイ企業」の中に、三菱重工が入っています。 その理由は7ページをみるとこのように → "国産初のジェット旅客機MRJで盛り…

明治維新の時に「最近ちょんまげ姿が減ったねぇ」と呑気に言っているのと同じ件

スマホとクラウドでサービスビジネスがオンデマンド化という記事。 インターネットがモバイル化されて何が起きるかという良記事。 最後に残るのは人と人の接点の部分なんてよく言われますが、オンデマンド化によってその分野だって無くなるんじゃなくてフリ…

アメリカは甘くない件

日本のロケットが世界トップランクだというニュース。 H2Aが海外の商業衛星打ち上げに成功。これでたしか23機連続。アメリカのDELTAとヨーロッパのアリアンには敵わないが大型衛星を打ち上げられる優秀なロケットだと思います。 コスト面の話が課題ですが、…

勉強不足な件

MVNOから無線専用線端末が出るという記事。 一応、通信業界のコンサルタント末席として情報収集はしているつもりなんですが、「無線専用線」なんて概念があったなんて知りませんでした。企業のセキュリティを確保した通信を行うためのエンドエンドで盗聴など…

景気動向の件

工作機械の受注の潮目がくぁりつつあると言う記事。 昔から工作機械の受注動向は景気の先行指標として使われます。 今年度の上半期は好調だったようですが、9月単月ではマイナス受注に転じたという。 補助金が一巡をしたという記事も見受けられるので、もし…

一発逆転の件

高レベル核廃棄物の処分場。どこだってイヤだよという記事。 そらそうでしょう。 これは、実は解決策は一点あるんだけど。誰かが言い出さないとダメでしょう。 税制、年金、医療・・・もろもろ疲弊している制度をどうするかは政治決断。 この高レベル核廃棄…

スーパーコンピュータの件

世界でNo.1を競うスーパーコンピュータが日本の京。 民主党時代にも「2番じゃだめなんですか?」と言われ、最近は自民党政権にも「数ある事業の中で最も説明がされてこなかったのがスパコン(スーパーコンピューター)だ」と言われたわけで。・・・しかし、…

リージョナルジェットとイノベーションの件

イノベーションのジレンマ著者ハーバード大学のクリステンセン教授がMRJの素質に関して賞賛したとの記事。(日経有料記事) 記事は日経新聞の電子編集部次長 武類雅典 さん。 ちょっと中を引用させていただくと「消費者の間で、気軽に自由に飛行機で動きたい…

マクロなセンスが必要な時代の件

日立製作所が本格的に原子炉廃炉ビジネスに参入の件。 日本では、福島第一原子力発電所の事故があり、原子力発電に対してとてつもない逆風が吹いています。福島の原発立地の住民の皆さんのお気持ちを考えれば当たり前。 しかし、作ってしまった原子炉は、残…

バブル経済の件

日経新聞が、最近の各国バブルの情景を図式で解説。 実体経済の数字と投機(投資との区別はしない)経済の乖離がある閾値を超えるとバブル崩壊。それは歴史が証明している。 記事中の経済の大家や経済を預かる政治家の言葉は、ほぼほぼ後付。経済学は、後付…

祝! MRJ 初飛行の件

三菱飛行機が開発中のリージョナルジェットMRJが7年間の開発期間を経て、はじめて大空に飛んだ件。 YS-11以来の国産旅客機が空を飛んだ、記念すべき日です。来年からは11月11日はポッキーの日ではなく、MRJの日とします。 ← 異論は認めます。 これから、欧米…

充電池進化の件

東京理科大学が新しい充電池の開発に成功し実用化に近づけたいう件。 電気を溜めて必要な時に取り出す。使わない電気を充電池に保管しておく。たぶん、電気エネルギーが人類の使い勝手の良いエネルギーとして今後も使われるとすると、充電技術は最大の課題か…